2017 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
親の望み  11/08/2009  
わたしが親として、ハルに望むことは、

「一生懸命に頑張れる人になってほしい」

ということです。

ここから下は、内面の吐露というか、ただの愚痴みたいなものなので、
そういうのが嫌な人は見ないでね。
「一生懸命に頑張れる」ということは、「頑張ることに価値を見出せる」ということで、
「頑張った自分を好きになれる」ということです。

わたし自身は、真剣になるほどに、自分の出した結果にがっかりしてしまう質なので、ハルにはそうなってほしくないのです。
とても、生きづらいと思うので。

でも、自分がそういう考え方をしてしまうので、どうすればハルがわたしのようにならないかが、わからないのです。

大人になれば、嫌でも、結果を伴わないことに意味がない状況にはぶつかると思うのだけど、それはその時に乗り越えるべき試練だと思うので、それまでは自分は価値のある人間だと、思っていてほしい。
でないと、その時に、壁を越えることができなくなってしまうと思うのです。

誰かに負けたり、挫折したり、そうしたときに、それを悔しがって、それを力にできる人になってほしい。

少なくとも、そうできる人間だと、自分を信じることができる人になってほしい。

自分を好きになってほしい。

わたしのように、最初から自分を見限ってしまう人間にはなってほしくない。


以前、友達に、「こうしたいんだけど、なかなかできないんだよね」と冗談めかして言ったら、
「それは本当にそう望んでいないからできないんだよ」
と言われたことがあります。
人によっては、腹の立つ言い方だったかもしれないけど、わたしにはあまりに的を射た言葉だったので、深く突き刺さったように感じました。

わたしには人の真似の真似くらいしかできないし、そう思っている以上、そこに価値を見出すことはできないのです。

わたしは、人に甘えた人生を送ってきたツケなのですが、ハルにはそうなってほしくない。
自らを貶める子になってほしくない。
自分を信じている子になってほしい。

でも、どうすればいいのかな。
本当にわからないよ。

普通は、基本的にみんな自分を信じてるよね。
自分が好きだよね。
それがどういう気持ちなのか、わたしにはわからない。
でも、それを伝えなくちゃいけないの。
どうすればいいんだろう。


今日は本当に楽しいことがあったのに、些細なことからこんなことを考え出してしまいました。
わたしの中に収めておけなくて、書くことにしたけれど、
後で消すかも。
だから、甘ったれたただの愚痴だし、スルーしてください。
自分でなんとかするしかないのは、わかってるつもり…。
スポンサーサイト
日記 | 日記  | TB(0)  | CM(9) | Page Top↑
自分を信じて努力すれば結果はかえってくるとそう思っているよ。
でも私自身もすぐあきらめちゃったりするから自分でもよくないと思うときもよくあるよ。
めぐみん 11/09/2009 Mon URL [ Edit ]

子どもにこうなって欲しい=自分とは違うように・・・
って思ってる人がほとんどだと思うよ。
成功した人は、自分の作った安全なレールの上を歩かせようと思うのかもしれないけどね。
あたし自身、3人姉妹の末っ子として生まれてきて、高校のときに弟が生まれたときには、両親の喜びぶりに『あたしの存在っていてもいなくても同じやな・・・』なんて壁にぶち当たってしまったことがあったよ。
でも、だからと言って、それに奮起して何かをやろうと思わなかったあたし、それこそやりがいを見つければよかったのに、何もしなかった。
あと興味持ったことでも、姉や周りの反応を見て、イマイチだと思ったら、そこでストップをかけてしまってたな・・・(その結果、趣味なし人間になっちゃった)
だから、あたしも自分とは違って、子どもたちには何かこれ!って、何でもいいから追求する人になってほしいと思うの。(アイドルの追っかけでもいいし☆)
でも、じゃあ、どう子育てすればいいのか・・・
そんなあたしがどうすればいいのか・・・
簡単に出る答えではないよね。
答えが出れば、自分のこともできたはずだし。
その場面に場面に、しっかり自分が思ってることを子どもに伝えていくしかないのかな・・・

こうやって、日記でも書いて、自分の中に溜め込まないのもいいことだと思うよ^^
頑張って、子育てしていこうね☆
yakan 11/09/2009 Mon URL [ Edit ]

そうだね・・・。
私も投げ出さず、逃げ出さず懸命に向かって行ってほしい。勇気のある子供になってほしいっていつも思ってる。
でも実際は・・・すぐにあきらめる。泣いちゃう。
やっぱ私の子だわって感じ(汗)
親の姿みて育つものねぇ。
親があきらめない姿勢を常に見せてなきゃいけないんだよね。きっと。
がんばってる親をみたらきっとがんばる子になるのかな?
むずかしいけど・・・。
なみちゃんの日記見て今日から少しづつ私も投げ出さずがんばってみようと思うわ。子供が見てるんだもの。
みっちゃん 11/09/2009 Mon URL [ Edit ]

子供には自分と同じようになって欲しくないって確かに思うよね…。私の母親も「そう思って育てたのに…」と言ってるもの。でも自分の嫌な部分てわかっててもそうやって歩んで来てしまったから、どうやったら違う方向に進められるのか、子育ての正解ってなかなかわからないんだよね……。私自身すぐにイラッとしてしまうのが嫌でハルカにはそうなって欲しくないって思うから、ハルカがやりたい事が思うように出来なくてイラッとしてる様子を見ては心の中でもう既に似てしまってるのか……?と焦ってして………。でも私なりに考えて、顔では冷静に「イライラしないで工夫してやってごらん。ゆっくりやればちゃんと出来るからね。」と手を出さずに励ましたりしてるかな。それでイライラしつつも最終的に出来た時は大袈裟なくらいしっかり褒めてあげるかな。この方法が正しいのかはわからないけどね…。きっと正解だったかどうかはずっと先の事で、その時に「あぁしっかり自分に似てしまった…」と思うことになるかもしれないけど、今の時点で自分がいいと思うやり方でやって、息詰まった時にはこうやってブログに気持ちを吐き出していろんな人の考えを聞いてみる事ってすごくいいことだと思うよ。
だけど、私が知るかぎりでハルくんはなみが望むように育ってるように思うけどなぁ…。
子育ては正解がわからないから難しいよね……。
おおチャン 11/09/2009 Mon URL [ Edit ]

自分がしたいことは「どんなときもあなたが好きだ」と伝えること。子供も自分のことを好きになるだろうし、自信もつくだろうと考えてるから。でも、それができないときもある。子育てで自分の器の大きさ、いろんな悩み、存在価値とか・・思い知らさせることがある。これが自分の成長過程で肥やしになっているとしたら素敵だなぁ。
なみさんって自分をすごく分析というか客観的にみれるところがすごいと思う。ちゃんと考えがわかりやすく人に伝わっていると思う。
みき 11/09/2009 Mon URL [ Edit ]

自分のこと好きでいるって難しいよ~
自分だけにダメなところもイヤなところも全部わかっちゃってるし。まぁ大人の場合は特にね。
でも子供には自分を信じて頑張れる子になって欲しいよねぇ。
何かで読んだけど、大事なのはどんなにできなくても親だけは子供を信じてやること。どんな時も自分のこと信じてくれている存在があると頑張れる。できなくても失敗しても=嫌いじゃなくて、過程を認めて褒めてやって、頑張ってたの見てたよ、そんなあなたが大好きよ、って伝えてやる。だってさ。
子育ては結果が見えないからこれでいいのかなぁって不安になる時あるよね。
結果なんて20年?経たないとわからないもん。



くるりん 11/09/2009 Mon URL [ Edit ]

mamaが信じているからはるくんもちゃんと見てくれるよ。

確かに自分を好きか・・・といわれると最近は特に自信なくなるけどそこは最近がじらが支えてくれるところがあります。

ほろっとやっぱくるよね。

子供への願いを書くママ素敵だね。

私はがじらに向けてもそうだな。
自分を信じれることが一番かも。
そして自分に嘘をつかないこと。正直にいきてくれること。

どうかはるくんやがじらが成長して今より思いやりが育つような世の中になりますように。私たちはそれを信じていかなきゃね。
kazumaki 11/09/2009 Mon URL [ Edit ]

みなさん、コメントどうもありがとう。
とても真剣に、読んで答えてくれたんだな、と思って、うれしいし、ありがたいです。
今は、落ち着いてるし、大丈夫。
いつものわたしです。

>めぐみん
自分を信じるって、やっぱりよくわからないんだけど、でも努力することは大事だよね。
必須だよね。
努力ができる人間にならなくちゃね。
ありがとう!

>yakanさん
がっちりレールを敷けるような自信満々の人生って、たしかに稀かもね。
みんなそれぞれ事情や思いがあって、親になってるんだよね。
何かを突き詰めることって、やっぱり自信につながると思うんだ。
アイドルの追っかけなんて、そうとうの根性と行動力と愛情がなくちゃできないよね。本気でそう思うよ…
そういうの、あるのっていいよね。
今まで、こういうことを書くのはやめようと思ってたの。
きっと読む人も楽しくないだろうし。
でもやっぱり、ありがたいね、読んでもらえて、声かけてもらえて。
どうもありがとう。

>みっちゃん
ハルのどうしようもないところを見ると、幼いせいなのか、わたしの遺伝のせいなのか、わたしの育て方のせいなのか、頭の中がぐちゃぐちゃになってしまうことがあるの。
でも、ぐちゃぐちゃしてる場合じゃないことは分かってるの。
わたしがやらなくちゃ始まらないんだよね。
わたしを見てるんだものね。
こんなに責任のある立場になったのって初めてで(笑)
時々、逃げ出したくなるよ。
でも逃げてたら、ハルが立ち向かえる子になるわけないもんね。
もうちょっと、踏ん張れるように頑張ります。
ありがとう!

>おおチャン
ほんとに、ハルにはわたしのようになってほしくない。
でも、こんなふうに思ってることは、親には相談できなしね、気の毒で(笑)
正解がすぐ分かればいいのにな。
そうすれば、世の中も私の心も平和なのに。
なるべく書かないようにしてたけど、こうやって聞いてもらえてありがたいです。ほんと。
ありがとう!

なみ 11/11/2009 Wed URL [ Edit ]

>みきさん
「子育てで自分も成長」とか言ってられなくてね、時々…
ほんとはそうやって一緒に学べればいいんだけど。
なかなか容量がないです。
でも、見てくれてるとか信じてくれてるって思うことが支えになるのは分かります。
そういう存在にならないとね。頑張ります!
客観的かな?
「他人事みたいだな」とは思います…
逃げの現れかな…
そこからの一歩が出せるように、しないとですね。
ありがとうございます!

>くるりんさん
自分を信じるとか、好きとか、よくわかんない。
その根拠をどこに持てばいいのかがわかんない。
何なんだろうね。これに気づいたときは、自分でもショックでした(笑)
ハルはたぶん、聞き分けもいいし、多少頑固だけど素直な子だと思う。
だから、わたしがそれを曲げてしまうんじゃないかって不安があります。
でも、わたしがそんなんじゃ、「信じてる」って言ったって説得力ないものね。
少なくとも親として、わたしが信じてもらえるように頑張るよ。
どうもありがとう。

>kazumakiちゃん
ハルに「ママ大好き!」って言われると、時々泣きそうになるよ。
なんかもう、しつっこく確認とかしちゃってね(笑)「怒ると怖いけど好き?」とか。
もっとわたしが大人にならなくちゃいけないよね。
他の誰でもなく、わたしが育てるんだもの。
だからまずはわたしを、それからハルを信じないとね。
どうもありがとう!

なみ 11/11/2009 Wed URL [ Edit ]

Secret




TrackBack URL
→http://namitubu.blog8.fc2.com/tb.php/693-2ac91d39

プロフィール

カレンダー

最近の記事+コメント

BlogPeople

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

いつだっけ…

いくつになったの?

♪なみメモ♪

♪ハルモノ♪

ブログ内検索

RSSフィード