2017 05 / 04 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
スイミング・プール  12/17/2007  
全体的に、じわじわと滲んでくるような不安感に満ちた映画でした。
どこかで「どどーん!」と何かくるんじゃないかと、ハラハラしながら観てました。
こういうのは、予告とか宣伝で内容をチラ見してしまっているせいなのかな、とも思いますが。



簡単に言ってしまうと、
ジュリー、キレイ!
サラ、こえぇ!
のひとことです。
サラが失ってしまって求めて止まないものを、ジュリーが全部持ってる。
それを執拗に、ねばっこく追いかける視線が、ちょっとひいてしまうくらい怖い。
とちゅうから、サラは異様に熱っぽく生き生きとしてくるのだけど、
それがジュリーを観察することによるものなので、ますます薄ら寒い感じ。

個人的な解釈としては、この謎はすべて、サラの新作「スイミングプール」の内容なのではないかと思っています。
それだけ彼女は自分の中の想像(妄想?)に没頭していったのだと思うので…。
庭師と関係を持ってしまったのも、妄想にどっぷりはまってしまった結果なのか、小説の完結とともに彼女の中でケリがついたのか。
編集者との関係にはすっぱり別れを告げられて、最後の笑顔はすっきりしてたかな、と思いました。
(奥さんが亡くなってたこともナイショにされてたんだもんね。ひどい男)

印象的だったのは、最初の方でパソコンをバッグから出すシーン。
電源コードを出して、机を振り返り、「あ、コンセントどこだろう?」と探す仕草をするところ。
「ガラスの仮面」のようだわぁ、と思ってしまいました…。ふふ。





スポンサーサイト
DVDで見た映画 | movie  | TB(0)  | CM(2) | Page Top↑
「スイミングプール」、公開された年に映画館で見ましたよ~。
何年前だったかな・・・。
もう細かいところ忘れちゃったけど、最後に、おおぉっとひねりがありますよね。
フランスの風景と家の様子が好きだったなぁ。
音楽も結構せかせ上手というか。
やっぱり、女はいくつになっても女なのですよね。

↓の「君に読む物語」も見ました~。
あ、これはDVDで。
英タイトルが「The Notebook」だったかな。
切なくて胸がきゅんとなる映画でした・・・・。
年末年始、映画に浸りたいなぁ・・・。
himex 12/17/2007 Mon URL [ Edit ]

>himexさん
そうそう、最後のひねりが難解ですよね。
フランスの風景、すてきでしたね。
あんなステキなところで、コーラとヨーグルトばっかり貪ってるっていうのがまた、彼女の孤独感を引き立てる感じ。
最近やっと、借りるDVDが映画になってきたので(ずっと海外ドラマでした…)映画観ますよぉ。
でも、観たいのはなかなか借りられないんですよね。早く空いてほしいです。
なみ 12/18/2007 Tue URL [ Edit ]

Secret




TrackBack URL
→http://namitubu.blog8.fc2.com/tb.php/546-dfcb2d07

プロフィール

カレンダー

最近の記事+コメント

BlogPeople

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

いつだっけ…

いくつになったの?

♪なみメモ♪

♪ハルモノ♪

ブログ内検索

RSSフィード